汚れを残さないこと!

クレンジングというのは、基本的にはメイクなどの汚れを落とすために実践するスキンケアの1つです。
この時、汚れを落とすケアが不十分だと、肌に残ったメイクが後々、酸化して刺激となります。
そしてその結果、様々な肌トラブルのリスクが高まるので、残さずしっかり落とさなければなりません。

 

汚れが残っていると・・・

汚れが残っていると起こりうる肌トラブルとして考えられるのが、シミやシワ。
肌に残ったメイクなどの汚れが酸化し、刺激物になると、それに反応してメラニン色素が作られます。
紫外線を浴びたわけでもないのに、日ごろからUVケアにはすごく気を使っているのに、シミができてしまったという方はこれが原因かもしれません。
それから、汚れが残った状態では肌に良い成分も浸透しにくくなります。
その結果、肌が乾燥しやすくなり、シワなども起こりやすくなるのです。

 

さらに、残った汚れは毛穴を詰まらせ、肌荒れやニキビといった悩みを引き起こします。
このように、肌に残ったメイクなどの汚れは、様々な悪影響を与えてしまうのです。

 

汚れを残さないためには?

肌に汚れを残さないためには、まずクレンジングをして、さらにダブル洗顔・・・
こう考える方が多いでしょう。
ですが、ダブル洗顔不要のクレンジングでも、商品選びをしっかり行えば、肌のキメや毛穴に入り込んだ汚れまでしっかり落とすことが可能です。

 

炭酸泡で溶かしだしたりゲルで吸着したりといった、様々な工夫のあるアイテムを活用して、汚れを残さない工夫をしましょう。

 

それから、逆に言えばダブル洗顔をするタイプのクレンジングでも、使用方法や使用するアイテム選びがイマイチだと、汚れが残ります。
クレンジング後には、化粧水を含ませたコットンなどで肌表面をそっと撫でてみて、汚れが残っていないか確認してみてください。