落とし過ぎないこと!

クレンジングで汚れを残すのはNGですが、逆に肌に必要な成分まで落とし過ぎてしまうのもダメなのです。
例えばオイルなどのクレンジングは、強力にメイクを落とす作用があるものの、肌の必要な皮脂や潤いまで奪ってしまう傾向があります。
こういった点にも注意して、落とし過ぎにも注意しましょう。

 

落とし過ぎると・・・

クレンジングでゴシゴシと汚れを落とし過ぎると、肌の必要な皮脂も落とされてしまいます。
すると、肌の潤いを保護する機能が失われ、肌が乾燥しやすい状態になってしまうのです。
肌の乾燥は、様々な肌トラブルの元凶です。
ニキビや年齢肌悩みなどが現れてくることになったりするのです。

 

例えばクレンジング後、肌がつっぱったように感じる場合には、必要な皮脂や潤いを奪ってしまっている可能性があります。
こういったクレンジングは、慌てて化粧水などを塗布しなければなりませんし、毎日使用していると知らず知らずのうちに乾燥肌になってしまうこともあります。
クレンジングというのは毎日のことですから、注意して、必要なものを残しながらの方法を実践していきたいですね。

 

ダブル洗顔不要のクレンジングなら!

クレンジングをして、さらに洗顔料で洗顔をして、というダブル洗顔は、肌の潤いなども取り過ぎている可能性があります。
ダブル洗顔不要のクレンジングを使用すれば、洗顔を省ける分、肌に必要なものは残せることになります。

 

中には美容成分をたっぷり配合してあるアイテムもあり、こういった物を使用すれば肌に潤いを補給しながらのクレンジングもできてしまうのです。
ただし、ダブル洗顔不要のクレンジングの中には、強力な汚れ落ちを実現するために界面活性剤を多めに配合したものもあります。
品質をよく確認しながら、界面活性剤不使用のアイテムなど、肌への優しさと汚れ落ちの良さを両立したものを選んでいきましょう。