入浴しながらのクレンジングはNG!

 

メイクを落とすのは、1日の終わり。
だから、できることなら入浴しながら、ついで感覚でメイクを落としてしまいたいという方もいますよね。
中にはお風呂で使えるクレンジング、なんてアイテムもありますが、基本的にはこれはNGです。
ダブル洗顔不要のアイテムであっても、浴室での使用は控えましょう。

 

メイクとしっかり馴染まない!

手が濡れていたり、顔が濡れていたりすると、クレンジングアイテムがうまく馴染まなくなります。
そのため、毛穴に汚れを取り残してしまう恐れがあります。
クレンジングは、入浴前の状態で、乾いた手で行うのが理想的。
顔に汗などをかいている場合にも、肌馴染みが悪くなる恐れがあるので、軽くタオルなどで押さえてから行うと良いですね。

 

クレンジングは、ダブル洗顔不要の優秀なアイテムであっても、メイクとしっかり馴染ませなければ落とすことはできません。
濡れた手でもOKなアイテムでない限り、浴室での使用は避けましょう。

 

品質が劣化するかも!

化粧品は、添加物が少なければ少ないほど、傷みやすくなってしまいます。
肌に直接塗布するものですから、食品などと同じように、品質にはこだわりたいところですよね。
その点からも、浴室での使用はやめた方が良いでしょう。

 

浴室という場所は、高温多湿で多くの雑菌が住んでいます。
そのような環境にクレンジングを置いておくのも、そんな場所でクレンジングを開けて使用するのも、品質を劣化させる大きな原因になってしまいます。
人気のダブル洗顔不要のクレンジングアイテムは、添加物を控えた肌に優しい処方となっています。
できるだけ浴室外の、風通しの良い涼しい、直射日光の当たらない場所で保管したほうが良いですね。