無添加の落とし穴にも注意!

クレンジングというスキンケアコスメは、化粧水や乳液などのアイテムよりも、特に添加物を多く含むものとして知られています。
そのため、できるだけ無添加にこだわりのあるものを選んでいきたいですよね。
特に敏感肌の方は、添加物には注意していきたいものです。
ですが、無添加処方であることを売りにしているダブル洗顔不要のクレンジングでも、中には不安のあるものもありますので注意が必要です。

 

表示しなくて良い添加物も!

添加物というのは、条件を満たしていれば成分表示に書かなくても良いものがあります。
例えば量が少ない、などの場合ですね。

 

それから、アルコールなどの場合には、植物成分を配合する際にこれを抽出する際によくアルコールが使用されます。
ですが、これはメーカーが入れたアルコールではないため、キャリーオーバーと言われ、表示の義務が無くなってしまいます。
そのため、実はアルコール無添加と書かれていながら、製造の行程のどこかでは使用されていたりするのです。

 

さらに、添加物としての表示が義務付けられている成分を省き、その代わりとなる表示不要な添加物を使用しているものもあります。
こういった無添加表示の裏側をよく理解し、本当に安全な物なのかどうかを厳選することが大切ですね。

 

人気のダブル洗顔不要クレンジングは?

では、ランキングでも上位に入る人気の高いダブル洗顔不要クレンジングは、添加物に関してはどうでしょうか?
これに関しては、完全な無添加を実現しているものは、正直なところ少ないと言えます。
なぜなら、化粧品というもの自体が添加物ゼロで作るのが難しいからです。

 

ですが、多くの人が実際に利用して肌への優しさを実感していることからも分かるように、安全性の高い原料を厳選して作られているものだと考えることができます。
そのため、人気で口コミでも好評なアイテムを選んでいけば、添加物の落とし穴もそこまで不安視する必要はないと言えますね。