鉱物油って必要なの?

無添加のダブル洗顔不要クレンジングをチェックしてみると、省かれる成分の1つとして、鉱物油が出てくることが多いですよね。
ですがこの鉱物油、クレンジングを含む様々な化粧品によく使用されている成分です。
ではどうして、鉱物油は化粧品に必要なのでしょうか?

 

鉱物油とは?

まず鉱物油というのが何なのか、気になりますよね。
これは、簡単に言えば石油です。
石油を合成・精製することで作られた油の成分のことを鉱物油と呼んでいるのです。

 

ちなみに、化粧品として使用されている代表的なものは、ミネラルオイルやパラフィン、ワセリンといったものです。
意外と身近なものですよね。

 

石油系と聞くと、怖いイメージがありますが、これは原料がリーズナブルなので、様々な化粧品に用いやすい成分なのです。

 

また、この鉱物油が化粧品においてどのような効果を発揮しているのかという点も気になりますね。
これは肌の表面で油の膜を作り、潤いが蒸発するのを防ぐのが主な役割です。
油分ですので浸透はせず、肌表面で働きます。
クレンジングにも適した成分として知られています。

 

鉱物油の悪影響って?

肌に浸透しないのであれば、鉱物油は悪い影響はないのでは?と思えてしまいますよね。
実は最近の鉱物油というのは、安全性が高いものとなっており、そこまで危惧すべき成分ではなくなっています。
一昔前は、精製の技術が発達していなかったために、不純物が混ざり、これが油焼けなどの原因になってしまいました。
ですが今では精製の技術が発達したので、こういったトラブルは起こりにくくなっています。

 

とは言っても、石油系というと不安を感じる方もいるでしょう。
そのような方のために、より栄養豊富で肌馴染みの良い油として、植物性の油や馬油、スクワランオイルなどの天然の油を配合したクレンジングもあります。
こういったものは価格はやや高めになりますが、美肌のために活用してみても良いですね。