界面活性剤は危険!?

クレンジングに配合されていることが多い成分と言えば、界面活性剤ですよね。
ですが、実はこの界面活性剤、肌への負担が大きいということで危険視されています。
では、どうして界面活性剤はダメなのでしょうか?

 

界面活性剤の肌への影響

界面活性剤は、油と水とを混ざるようにするために使用される化学的な成分です。
つまり、油分を乳化させるために使用されるものなので、メイクという油を分解するクレンジングには、よく用いられています。

 

ですが、この界面活性剤は、肌の皮脂膜にも悪影響を及ぼしてしまいます。
皮脂膜を乳化し、溶かしながら肌に浸透してしまうのです。
そうして肌の内部にまで浸透した界面活性剤は、角質層にある油分まで溶かしてしまいます。
その結果、肌がひどく乾燥しやすい状態にあるというわけです。

 

さらに、保水力まで奪ってしまうため、肌のキメを乱し、シワや肌のハリの低下など、様々な肌悩みをもたらしてしまいます。
しかも、タンパク質に変性をもたらす毒性があることも知られており、使用し続けることで将来的に様々な肌トラブルに繋がる可能性があるのです。

 

界面活性剤不使用のクレンジングが理想

界面活性剤には、様々な悪影響があるため、できるだけ配合されていない化粧品を選ぶことが将来の肌のためになります。
そんな界面活性剤、クレンジングにおいては、ほぼ必要不可欠な成分として認識されています。
ですが、中には無添加にこだわり、界面活性剤不使用で植物オイルなどを使用したアイテムもあるので、こういったものを選ぶのも1つの方法ですね。

 

それから、ダブル洗顔をしてしまうと、クレンジングだけでなく洗顔料の界面活性剤の影響も受けてしまいます。
できれば、ダブル洗顔不要のクレンジングを用いて、界面活性剤による影響も少なくしたいですね。