アルコールはどんな役割?

化粧品に多く含まれる成分で、添加物として嫌われる物の1つに、アルコールがありますよね。
化粧品におけるアルコールというのは、「エチルアルコール」と言われるものです。
成分表示では「エタノール」と書かれています。
では、どうしてこの成分は嫌われてしまうのでしょうか?

 

アルコールの役割とは?

アルコールを化粧品に配合する目的は多数あります。
まず、アルコールには殺菌効果がありますので、防腐剤の役割を果たしてくれます。
それから、肌を引き締めたり、スーッとした爽快感をもたらしたりしてくれます。
また、アルコールは水や油には溶けにくい成分も溶かす力があり、化粧品を均一にする効果をもたらします。

 

特にクレンジングの観点から見れば、このアルコールは成分を均一にするためと、汚れを浮かせて取り除くための目的で配合されることがあると考えられます。

 

アルコールがもたらす影響

化粧品において、様々な役割を果たしているアルコールですが、どうして添加物として嫌われてしまうのでしょうか?
その理由として挙げられるのは、特に肌の乾燥を促進してしまうということです。

 

アルコールは皮脂膜を溶かしてしまう作用があります。
そのため、バリア機能を破壊し、刺激に弱い敏感肌をもたらしてしまうという恐れがあります。

 

ダブル洗顔不要のクレンジングでも、無添加処方の優秀なコスメは、このアルコールも配合していないものが多いですね。
敏感肌の方は、その症状をさらに悪化させる恐れがあるアルコールを使用していないアイテムを選びましょう。