脂性肌のクレンジングのコツ

 

皮脂が出てテカテカしてしまう脂性肌。
毛穴も詰まりやすく、クレンジングには力を入れたいと考える方が大半です。
そんな脂性肌も、クレンジングの方法を工夫することで、良い状態に導ける可能性があります。

 

脂性肌のクレンジング選び

脂性肌の方がクレンジング選びをする際には、使用感がベタベタしないもの、汚れ落ちが良いもの、ということを意識しますよね。
オイルタイプなどはベタベタ感が強く、汚れ落ちは良くても脂性肌向きとは言えません。
ですが、クリームタイプやミルクタイプでは、詰まりきった毛穴汚れまで落とすことができません。

 

そこで脂性肌にオススメなのが、毛穴の黒ずみや汚れをスッキリと落とす効果を発揮しながらも、肌の潤いは逃さないダブル洗顔不要クレンジングです。
炭酸泡タイプ、ゲルタイプ、バームタイプと種類が多彩ですが、いずれもベタベタしない快適な使用感を実現しています。

 

潤いを保つことで、余分な皮脂の分泌を防ぐこともできますので、こういったアイテムを活用してみましょう。

 

脂性肌も潤いを保持して洗う!

脂性肌の方がクレンジング時に気を付けたいのは、汚れを落としたいからと必死になってゴシゴシしないことです。
ゴシゴシこすると肌を傷つけ、肌トラブルを起こすリスクが高まります。

 

皮脂が過剰分泌されるのには色々な原因が考えられますが、そんな原因の1つとして大きいのが、肌の乾燥です。
肌の表面がテカテカしていても、内側が乾燥するインナードライ肌になってしまっている可能性が高いので、まずは潤いを守りながらの優しいクレンジングを実践していきましょう。

 

使用するお湯の温度は熱過ぎないものにし、クレンジングは汚れを浮かせて丁寧に落とす。
さらに、洗い上りにはタオルで優しく押さえて拭き取り、すかさずしっかり保湿ケアをしましょう。
こうすることで、内側からしっかりと脂性肌悩みを改善に導くことができます。